育毛大辞典 > シャンプーについて > シャンプー成分 > シャンプーの成分「シリコン」は本当に髪に良くないのか!?

シャンプーの成分「シリコン」は本当に髪に良くないのか!?

目つきの悪いネコ

最近、CM等でよく聞く「ノンシリコン」という言葉。

一体何なのか??ノンシリコンが髪に良いという意味なのか??

気になったので早速調べてみました!

 

まず、ドラッグストアで売られている市販のシャンプーの多くはシリコン配合です。

市販されているシャンプー容器の裏にあるラベルには全成分が表示されています。(前にも書きましたが、医薬部外品である場合は、全成分表示義務がないため、指定成分のみの表示のものもありますのでご注意ください!)

 

その中で、配合成分に、

アモジメチコン、コポリマー(アミノエチルアミノプロビルメチコン)、シクロメチコ、シリカ、シロキ、ジメチコン、ジメチコンコポリオール、フェニルトリメチコン

と書かれていれば、それはシリコン配合ということになります。

 

そもそもシリコンとは?

 

シリコン(正確にはシリコーン)は、化学反応によって作られる完全人工物です。

シリコンは非常に安定性の高い物質で、医療でもその高い安全性から様々な用途で使用されています。

シャンプーへの配合理由は、髪の手触りをよくするためです。
シリコンが入っているお陰で艶のある髪が保たれていると言ってもよいでしょう。

また、シリコンは、熱から、髪を守ってくれる効果があります。

シリコン成分は、安価で作れるうえにダメージヘアなども手軽に手触りを改善できるため非常によく使われます。

シリコンの悪いと言われている点は、本来髪だけをコーティングするはずが、シャンプーの仕方やすすぎ方が適切ではないと、髪だけでなく頭皮までシリコンが覆ってしまうことにより、頭皮の毛穴からのデトックスを妨げると言われています。

また、シリコンの効果は髪をコートするだけで、髪を補修したり、浸透して保湿するような効果はありません。

 

「シリコン=悪」というのが一般的な意見になっているようですが、実際のところ、それが本当かどうかは、日本では研究がなされていません。


海外では、シリコンの毒性について若干研究があるようですが、シリコンと言っても一つの物質だけではないようで、いくつかのシリコンについての研究がなされているようです。
シャンプーによく配合されている「ジメチコン」については、海外でも研究がなされていないようです。

 

シャンプーにシリコンが入っていない場合、手触りはかなり悪くなりますし、髪の毛同士がすれて、返ってダメージにも繋がりかねません。

 

ですので、「シリコン=悪」では無く、過度にシリコンが入りすぎているシャンプーは「悪い」といえるようです。

 

昨今では、その点を省いて、単純に「シリコン=悪」というイメージをつけることにより消費者を脅かして、ノンシリコンシャンプーを販売しようとする業者が増えていますので、気をつけてよく見極めてください!

 

逆に、髪の毛が傷んでいる人にはシリコンは多少は必要なんです!

 

コンディショナーやトリートメントの中にも「シリコン」は入っています。
それって髪の毛に悪いんじゃないのか?と当然思いますよね。

上記にも書きましたが、シリコンは髪の毛をコーティングするもの。
なので、コンディショナーやトリートメントにはシリコンが入っていてむしろ良いんです!

コンディショナーやトリートメントの中には髪の毛の内部を修復する成分が入っています。

その髪の毛の内部を修復する成分を外側からシリコンでコーティングすることはとても大切なことです。

なので、シリコン入りのコンディショナーやトリートメントを傷んでいる部分に使用することは実は悪いことではなくいいことなんです。

 

なので、ここまで調べた結果、個人的見解としては、

 

シャンプーは汚れを落とす目的のものなので、

ノンシリコンのものを。


コンディショナー・トリートメントは髪の毛を保護する目的のものなので、

シリコン配合のものを。

 

選ぶのが良いいと思います!

もちろんこれはあくまで私の個人的な見解ですが、1単語だけを繰り返す過剰な情報に振り回されすぎませんようにご注意ください!

 

では、なぜ「ノンシリコン」ブームが起きたのか?

これについても調べましたのでその話はまた次回に!

コメント

コメントを受け付けておりません。