育毛大辞典 > 抜け毛対策法 > 夏の抜け毛対策法 > 夏のフケ対策!夏のフケは薄毛の前兆かもしれない!?

夏のフケ対策!夏のフケは薄毛の前兆かもしれない!?

犬も海で気持ち良さそう

一般的に、フケが出やすい季節は空気が乾燥し、頭皮も乾燥しやすい冬場や体調を崩しやすい季節の変わり目あたりと言われています。

しかし、私は逆に夏の方がフケに悩まされるときがあります。冬場はまったく平気なのです。

夏の頭皮トラブルについて調べてみると、自分だけでなく、やはり同じように夏にフケが出ることに悩みを抱えている人も多くいたんです!

夏にフケが出てしまうという頭皮トラブルの原因は何なのか!?夏のフケ対策は!?を、調べてみました!

 

夏のフケの原因とは

 

冬にフケが増えるという人のフケの原因は頭皮の乾燥によるものです。
ですので、パラパラとした細かいフケであるのに対し、夏にフケが増える人のフケは、やや大きくベタついたフケが出ます。

ベタベタとしたフケは皮脂の分泌が過剰になり起こるものです。
皮脂の分泌が過剰になるのには、いくつかの原因があります。
 

  • シャンプーが合わない
  • 汗をかいて頭皮が蒸れている
  • 洗髪後の乾かしが不十分で頭皮が蒸れている

 
また、以上の原因から、頭皮にかゆみを感じ、無意識のうちに頭皮をかいてしまい、頭皮を傷つけていることが原因のケースも見受けられます。

 

また、以下のような内的原因も考えられます。

 

  • 夏の外気とエアコンの冷気による寒暖差の体調不良
  • 夏バテで食事が偏ることによる栄養不足
  • 冷たい水分の摂り過ぎによる消化不良からくる栄養不足
  • ストレス
  • 睡眠不足

 

そして、頭皮の皮脂の過剰分泌が進むと「脂漏性皮膚炎」となります。
「脂漏性皮膚炎」は「脂漏性脱毛症」の原因です。
脂漏性皮膚炎の原因は、皮脂分泌の増加やストレス、皮脂分泌機能の異常、皮膚にいる真菌のマラセチア(カビ)です。
脂漏性皮膚炎になると、皮膚科での治療が必要となります。
→参照「頭皮に起こりうる病気の種類」

 

夏のフケ対策

 

シャンプーを変える。マメに洗髪する!

 

まず、シャンプー後にかゆみを感じる方はシャンプーを変えること!
ドラッグストアの云百円のものではなく、少々値ははりますが、ネット通販なんかでは、殺菌効果があったり、アミノ酸系だったりする良いシャンプーが2000円前後で販売されています。お試し用なんかがあるところもありますので、いくつか購入して必ず自身に合うものを使用して下さい。

 

そして、丁寧かつマメに洗髪することです。
少し前に話題になり、私も取り上げましたが、ノーシャンプーや湯シャンなどを実践していてあまりシャンプーをしておらずかゆみを感じる場合、その洗髪方法は合っていないということです。
空気が乾燥していて洗いすぎることが余計に乾燥を招いてしまうような冬場はいいと思うのですが、気温、湿度ともに高くジメジメとした夏場は頭皮に優しいシャンプーで毎日でも軽く洗い上げるほうが良いのではないかと私は感じています。

 

ビタミンB2,B6,B12を摂る!

 

夏場は消化器官が弱りやすいです。そういう私も胃腸は決して丈夫ではありません。

 

夏場の水分補給は大切なのですが、冷たい飲み物を一気に摂り過ぎると胃酸が薄まり、消化活動が落ちてしまいます。結果、栄養を体内に取り込めず、消化不良=栄養不足になってしまうのです。
常温が一番いいそうです。最近ではコンビニにもわざわざ常温でおいたペットボトルも売っています。
たまには冷たい飲み物をくっといきたいところですが、夏のフケに悩むあなたは『基本は常温の飲み物』を心がけましょう。

 

皮膚、粘膜を強化するのに役立ってくれるのが、ビタミンB2,B6,B12です。
特に、ビタミンB2は脂質の代謝をコントロールしてくれますから、ベタベタしたフケがでるというのであれば、積極的に摂っていきたい栄養素です。

 

それぞれのビタミンの多い食材、食事は、

 

  • ビタミンB2…うなぎ、卵、納豆
  • ビタミンB6…マグロ(刺身)、バナナ
  • ビタミンB12…レバー、牛乳、

 

こう見てみると、自分もあまり好んで食べない物ばかりですね、納豆嫌い、生魚苦手、レバーもちょっと…というかんじです。これではいけませんね…私も食生活から見直したいと思います。

コメント

コメントを受け付けておりません。