育毛大辞典 > 抜け毛対策法 > 夏の抜け毛対策法 > 夏のバナナは体と頭皮を若返らせる!

夏のバナナは体と頭皮を若返らせる!

a1180_014194

今週は、「朝フルーツの健康効果」「夏のフケ対策」について書いてきましたが、そのふたつに共通する食材を見つけてしまいました!

それが、本日お話しする「バナナ」です!!

バナナの健康効果や栄養価の高さは以前から注目されていましたが、正直なところ、私がバナナをあまり好んで食べないもので(あのもったりとした触感がどうも…。デザートなんかの加工品になってしまえば好きなのですが)深く知る機会がありませんでした。

ところが、他の記事を調べている過程で、夏にはバナナがいい!体や頭皮の若返りに効果あり!という記事が出てくるではありませんか!

これは、非常に興味深い!ということで、本日は、「夏のバナナは体と頭皮を若返らせる!」というお話です。

 

バナナとは

 

身近にあるけど詳しくは知らない私のような人も多いのではないかと思いまして、まずは、仰々しいですが、バナナとはなんぞや!?というところから始めたいと思います。

 

バナナとは、バショウ科バショウ属のうち、果実を食用とする品種群の総称です。
和名は「実芭蕉」と言います。意外と知的な和名を持っているんですね。
原産地は熱帯アジア、マレーシアなどであり、バナナ栽培はパプアニューギニアから始まったと考えられています。
日本ではデザートとして主に食べられていますが、東アジア、中央アフリカでは主食として食べられています。

バナナは今や安価で手に入れられる果物ですが、自分の親世代が子供の頃にはそれこそ今で言うところのマスクメロンや宮崎マンゴー並の高級果物でした。

 

バナナの栄養成分とは

 

バナナ1本(約100g)あたりには、

 

ビタミンB6=0.38mg
ビタミンB2=0.04mg
ビタミンB1=0.05mg
ナイアシン=0.7mg
葉酸=26㎍
パントテン酸=0.44mg
ビタミンC=16mg
カリウム=400mg
マグネシウム=32mg

 

これだけの栄養素が含まれます。

 

また、食物繊維も大変豊富で、さらに、フラクトオリゴ糖、難消化性でんぷんも含まれ、整腸作用があります。

 

バナナの健康効果と育毛効果とは

 

バナナの健康効果は、先にも挙げた整腸作用の他にもこんな健康効果があります。

 

ビタミンB群は皮膚を丈夫にします。頭皮も当然皮膚の一部ですから、頭皮を丈夫にするといっても良いんです。

 

特に、ビタミンB6は育毛には欠かせない成分で、亜鉛と共に育毛2大栄養素とまで言われています。
亜鉛は髪の毛を作るたんぱく質を合成する為の酵素の構成成分で、ビタミンB6は摂取したたんぱく質をアミノ酸に変えて髪の毛を作りだす酵素として働きます。
その為に、どちらの成分も不足していると、髪の毛のスムーズな生成が出来なくなってしまいます。

 

またビタミンB6には脂肪を吸収分解する効果があるので、頭皮の皮脂分泌が過剰になっている人にはとっても良い成分です。

 

カリウムは、体液の流れをスムーズにし、神経や筋肉の機能を向上させる栄養素で、夏場の水分の摂り過ぎによるむくみを解消させます。運動後の筋肉のけいれんや、足がつりやすい人にも効果的です。

 

さらになんと!バナナには精神を安定させる働きもあるとか!
バナナには、精神を安定させ、睡眠作用がある「セロトニン」の原料となる「トリプトファン」という物質が豊富に含まれていることが知られています。
体内に入ったトリプトファンは脳に運ばれ、ビタミンB6、ナイアシン、マグネシウムなどとともに鎮痛・催眠・精神安定効果のあるセロトニンという神経伝達物質を作るということが分かっています。
バナナには、ビタミンB6、ナイアシン、マグネシウムも含まれていますから、まさにバナナ1本で全てが足り、精神を安定させる効果が期待できると言うわけです。

コメント

コメントを受け付けておりません。