育毛大辞典 > 抜け毛対策法 > 夏の抜け毛対策法 > 夏になると頭皮のにおいが気になる!夏の頭皮のにおい対策!

夏になると頭皮のにおいが気になる!夏の頭皮のにおい対策!

蒸すわね~

夏になると頭皮のフケが気になる人は結構いるんだなあということが前回分かりました。

→参照「夏のフケ対策!夏のフケは薄毛の前兆かもしれない!?」

夏になると頭皮のにおいが気になる、あるいは自分では気づいていなかったが周りから頭皮のにおいを指摘されたことがある、といった悩みもよく聞かれます。

においには敏感な私ですので、体臭同様、夏の頭皮臭もかなり気になります。

夏には夏の頭皮のにおい対策がありますので、本日はこちらをご紹介したいと思います!

 

夏の頭皮のにおいの原因と対策法

 

頭皮の臭いの主な原因は、皮脂と汗に加えて整髪料や空気中の雑菌が結びつくことで発する酸化した臭いです。

 

皮脂や汚れの洗い残し

 

夏は気温が上がり汗や皮脂の分泌が活発になります。

 

また、夏は夕方に、冬は朝が大気汚染が起こりやすいと言われています。
これは、夏と冬では大気汚染の原因物質が異なるからであり、夏の大気汚染の主役は一般に光化学スモッグと呼ばれ光化学オキシダントです。
光化学オキシダントは、窒素酸化物や硫黄酸化物などが、強い紫外線を受けて化学変化したもので、陽射しの強まる昼から夕方が、一番濃度が上がる時間帯です。

 

つまり、夏の日中~夕方に外を出歩くと、他の季節よりもかなり髪と頭皮は汚れている、ということです。
加えて、紫外線による頭皮の日焼けや髪の乾燥のダメージも加わってきます。

 

ですので、夏の時期は普段よりも丁寧に洗髪をしないといけないのです。
夏は普段より丁寧に洗髪しているか?と問われたら、季節によって洗髪の仕方を変えている人はそういないと思います。

 

丁寧に洗髪するということは、1日に何回も洗髪するということとは違いますので、ここだけ間違えないようにしましょう!
あくまで、1回の洗髪を丁寧に、隅々まで、できれば頭皮マッサージもかねて、指の腹を使ってよく洗いましょう!

 

洗髪後の乾燥が不十分

 

タオルは毎日清潔な乾いたタオルを使用しているでしょうか!?
ドライヤーを使ってきっちり乾かしているでしょうか?

 

バスタオルとかねている方は多いと思いますが、頭から拭きますか?体からふきますか?
体を拭いたあとの湿ったタオルで頭を拭くとタオルドライが不十分になってしまいます。
私はバスタオルと頭を拭くタオルは分けています。こうすると、バスタオルは毎日取り換えるにはコストもかかるし洗濯も大変ですが、頭を拭くタオルはフェイスタオル程度で良いので毎日乾いた清潔なものに取り換えられます。

 

丁寧な洗髪のあとは、丁寧にまずは乾いた清潔なタオルで水分をしっかりと取る!

 

そして、ドライヤーで乾かしましょう。暑いかもしれませんが、冷風を使い分けてしっかりと乾かしましょう。

 

髪と頭皮を生乾きで放置すると、特にこの湿度、気温ともに暑い夏には、髪に覆われて暖かく湿った頭皮は雑菌にとって最適の環境です。

脂漏性皮膚炎の原因になる真菌(カビ)も頭皮にある角質を好みます。増殖して臭いの元となります。

 

また、ぜひ、寝具、特に枕カバーにも気をつかってください。マメに洗濯、清潔なものにとりかえる、天気の良い休日には枕ごと天日干しをしましょう!

コメント

コメントを受け付けておりません。