育毛大辞典 > 健康 > 暑い夏はベストな水分摂取で熱中症対策をしよう!

暑い夏はベストな水分摂取で熱中症対策をしよう!

これくらい水が飲みたい
まだまだ暑い日が続きますね。

昼に外へ出たら雲ひとつない青空カンカン照りで信号を待つほんの1.2分の間もつらかったです。

汗も毎日これでもかってほどに出て、特に朝起きた時が一番喉が渇いて寝汗でTシャツもぐっしょりでたまりません。

今年も熱中症への自己対策が叫ばれています。睡眠時にも熱中症になるらしく、気をつけなければと思った次第です。

そこで、ベストな水分摂取のタイミング、ベストな水分温度、ベストな水分量、ベストな水分とは水かお茶か!?などなど、ベストな水分摂取とは!?を考えてみました。

 

ベストな水分補給はこれだ!

 

ベストな水分量は『1日1L~1.5L』

 

人間の体の約60%は水分です。

 

そして、人は1日で約2.5Lの水分を体内から失います。

内訳は、尿約1500ml、呼気や皮膚から失われる水分約900ml、便100ml です。

 

1日に摂取が必要な水分量は1日1L~1.5Lです。
排出量にたいして少ないのでは?と思われるかもしれませんが、これはあくまで水分として摂取する量です。

私たちは食べものからも水分を摂取していますので、かならずしも水分を2.5L排出するからといって2.5Lを水分のみで補給しなければいけないわけではありません。

 

ベストな水分は『水+ナトリウム(塩分)』

 

これはもう一般的に浸透していることと思いますが、改めて解説しますと、人間の体にはナトリウムが0.9%含まれた血液が循環しています。
大量に汗をかき、ナトリウムが失われたとき、水だけを飲むと血液のナトリウム濃度が薄まってしまいます。
そこで体は血液中のナトリウム濃度を下げないよう、余分な水分を尿として排出させ、水分を摂取したいという気持ちも低下させます。
この状態に陥ると体液の量が回復できなくなり、運動能力が低下、体温を逃すことができなくなり熱中症が引き起こされてしまうのです。

 

スポーツドリンクにもナトリウムは含まれていますし、塩飴だの、塩入り飲料だのが流行っていますのでそれらで補うのも良いです。

 

ただし、気をつけていただきたい点があります。
日本人は、むしろ塩分過剰摂取の傾向にあるということ。ヘルシーで有名な和食も唯一の弱点が塩分が多いことです。
高血圧など塩分摂り過ぎ傾向の人は塩○○製品の摂り過ぎにも注意が必要です!

 

ベストな水温は『10℃』

 

冷蔵庫から取り出したばかりの水は4~6℃ですから、冷蔵庫から出してすぐではなく、少しおいてからのほうが良いでしょう。
これは、冷え過ぎていると飲みにくさを感じ、積極的に水分補給を行わなくなる場合があるからです。
そして、22℃以上になると水分の吸収率が低下することも分かっています。

 

ベストな水分摂取のタイミングは『喉が渇いたと感じる前にこまめに飲む!』

 

上記にも書きましたように、熱中症の初期段階では逆に喉の渇きを感じづらくなります。

 

それに、直前に水分を摂っていてもトータルの摂取量が少なく熱中症になって意識を失って倒れてしまったと言うケースもあります。

 

人が毎日きっちりと1~1.5Lの水分を摂っていなくても、腎臓は飲み過ぎれば排出し少なければ蓄えるといった優秀な機能を持っています。
しかし、それも限界を超えてしまった時こういったケースの熱中症がおこりうるということです。

コメント

コメントを受け付けておりません。