育毛大辞典 > 健康 > 白髪は治るのか!?

白髪は治るのか!?

眠る白い猫
薄毛、ハゲは、70代くらいまでは回復する見込みがあると言われています。

 

では、白髪はどうでしょうか!?

 

白髪も薄毛同様そのメカニズムは完全には解明されていません。

 

私が聞いた話だと、髪は寿命が決まっていて寿命がくると白髪になり回復する事はない、とも、ストレスや髪の栄養不足でなった若白髪は黒髪に回復する、とも聞きました。
 
さて、本当のところ、白髪はどこまで治るものなのでしょうか?
 

白髪は治らないのか!?

 

まず、髪は死んだ細胞であり、自己修復機能を持ちません。ですから白髪として生えてきた髪が、後から黒くなることはありません。

ですので、今白髪になってしまった髪は染めるよりほか方法はありません。

 

白髪の原因は、メラニン色素の不足です。

 

髪の毛は、最初は無色の状態で生えてきますが、この無色の状態の髪の毛に着色するのがメラニン色素です。白髪はこのメラニン色素の不足でできてしまいます。

 

メラニン色素は「メラノサイト」という色素細胞でつくられま「メラノサイト」がメラニン色素をつくるときに「チロシン」という物質を必要とします。
従って、チロシンという物質が不足していたり、メラノサイトの働きが弱かったりするとメラニン色素が十分につくられず、不足する事態に陥ってしまうのです。

 

しかし、これから生えてくる部分にアプローチすることはできます!
弱っている色素細胞(メラノサイト)を活性化して白髪を黒い髪に戻すことは可能です!

 

白髪を治す方法

 

白髪予防に有効な栄養を摂る!

チロシン
チロシンとは必須アミノ酸の一種であり、メラノサイトを作り出す原料になります。
チロシンは、チーズ、きなこ、納豆、バナナ、アボカド、ごまに多くふくまれています。

 

ヨード
ヨードは髪の色を作ってくれる細胞のメラノサイトを活性化してくれます。
ヨードは、海藻類(ひじき、わかめ、昆布、のり)など、ヨード卵、魚介類に多く含まれています。

 

ミネラル(銅)
ミネラル(銅)は、チロシナーゼと呼ばれる黒色の原料(チロシン)を色付けできる状態へ変化させる酵素が、正常に活動するために必要な栄養素です。
ミネラル(銅)は、チョコレート、レバー、うなぎ、カシューナッツ、ごま、きなこに多く含まれます。

 

紫外線によるダメージを防ぐ!

 
髪や頭皮が紫外線にさらされることによって、髪の色を作るメラサイトが損傷し、白髪になる原因となります。

 

ストレスを解消する!

 
ストレスを受けるとメラサイトと呼ばれる色を作る器官が、一時的に機能低下に陥ります。
体はストレスがかかるとビタミンBとビタミンCを非常に多く消費することが分かっています。ビタミンBとビタミンCを摂取してストレス耐性を高めましょう!

 

→参照「髪に良い!ビタミンとは!?その1」

→参照「育毛に良い栄養素~ビタミンC~」

コメント

コメントを受け付けておりません。