育毛大辞典 > シャンプーについて > シャンプー成分 > ノンシリコンシャンプーは本当に髪によいのか!?実はそのブームには黒幕がいた!?

ノンシリコンシャンプーは本当に髪によいのか!?実はそのブームには黒幕がいた!?

目つきの悪いネコその2

「シリコン=悪」というわけではない!と前回書きました。

 

ノンシリコンにするとやはり問題となるのが髪の手触りの悪さです。

そこで、メーカーは手触りを良くするためにシリコンの代わりになるような別の「コーティング剤」を配合しています。

 

コーティング剤には天然成分から合成のものまで星の数ほど種類がありますが、その中のほんの1つが「シリコン」なのです。

 

つまり、ノンシリコンとは、直訳すると「シリコンは使っていませんけれど、他のコーティング剤を使っていますよ。」という意味になります。

もし配合されていないなら「ノンコーティング」と記載されるはずですから。

 

実は、髪にとって問題となっているのはシリコンだけというわけではなく、コーティング剤と呼ばれるものたちなんです。

 

シリコンはコーティング剤の中でもまともな方で、強力なものになるとプラスチックに近いコーティング剤もあるぐらいです。

 

表示が複雑になってきた背景には、コーティング剤の一般的な認識の広がりがありました。

 

コーティング剤によるトラブルが多くなってくるにつれて、コーティング剤を認識して問題視する人が多くなってきたのです。
特に美容師さんはこの問題にはいち早く気が付きました。

 

ところが、どんなに美容師さんがノンコーティングの商品を求めても製造側は「ノンコーティング」の商品を作る事ができませんでした。

 

その理由の1つが、コーティング剤が配合されていない商品は手触りが悪いため、良品を作るには難しい技術が必要になるから。

これは今でもそうですが、台所洗剤にコーティング剤を入れたようなシャンプーなんてザラにあります。
こんな商品からコーティング剤を抜いたらボサボサ、ゴワゴワで大変なことになります。

 

もう一つの理由は、ノンコーティングという商品を1つでも作った瞬間、製造側が作っている他の商品を「髪に悪いコーティング剤が配合されています」と言って否定する事になるからです。

 

そこで考えられたのが、この昨今ブームの「ノンシリコン」という言葉でした。

 

ノンコーティングと記載するとウソになってしまうから、「ノンシリコン」という言葉を使っている訳です。
これならコーティング剤を配合したまま、髪に優しいイメージを与えるし、他の商品を否定する事もない。

 

ですから、ノンシリコンと書いてある商品の裏面には、とっても分かりにくいように何らかのコーティング剤成分が記載されているはずです。

(市販されているだいたいのシャンプー容器の裏にあるラベルには、全成分が表示されていますが、医薬部外品である場合は、全成分表示義務がないため、指定成分のみの表示のものもありますのでご注意ください!)

 

ですから、単純に「ノンシリコン=良い」という言葉だけに躍らされてはいけません!

大事なのはその他の成分内容なんです。

 

ヘアケアの第一歩は正しい商品選びが重要です。そのためには過剰な情報に躍らされず、正しい知識と正しい目を持つ事が大切です。

コメント

コメントする