育毛大辞典 > 健康 > サプリメントで体調不良…!その原因とは?

サプリメントで体調不良…!その原因とは?

ハラをあっためている、ように見えるネコ

最近、「育毛に良かれと思って高いサプリメントを買って飲んでみたら、吐き気がして体調不良になった。だまされたのではないか!?」と相談されました。

私は、国内で製造している日本のメーカーの製品であれば、よほどうさんくさいものでない限りだまされるといったことはないと思っています。

高額な商品、ましてや医薬品ではなくサプリメントとなると、そう思いたくなる気持ちもわかります。

しかし、良薬口に苦しと言います。良くも悪くも体調に何の変化も表れないものが果たして効くのでしょうか?

逆に、こういった、体調不良も起こさないが効きもしないサプリメントが多く出回っていることほうが私は問題ではないかと思っているくちです。

話は少しそれましたが、サプリメントを飲んで体調不良が起きた時、考えられる原因について本日は調べてみました!

 

サプリメントを飲んで体調不良が起きた時の原因とは?

 

1、成分の過剰摂取になっている

 

特に、亜鉛、鉄などのミネラルの単体のサプリメントを飲んでいる人に「吐き気がした」「腹を壊した」「気持ち悪くなった」という症状が出た人が多いです。

 

ミネラルはビタミンに比べて安全領域が狭い、つまり過剰摂取で体調不良を起こしやすい栄養なのです。

 

ミネラルは、必須栄養素でありますが、「必須【微量】元素」であり、かつ、水溶性ビタミンのように過剰に摂取した分が排出されることはなく、体内に蓄積されます。
とはいえ、体内への蓄積を過剰に恐れることはなく、1日の摂取基準量を多少超えて摂取しても、ミネラルは元々吸収率の悪い栄養素ですし、蓄えられた分は供給が少なくなった時に補う分に使われます。
そこは過剰分が全て流れ出てしまう水溶性ビタミンとは違う利点でもあります。

 

しかし、食事からは微量にしか摂取できないミネラル分をサプリメントではたっぷりとかつ凝縮して配合しています。
そこで、一過性の過剰摂取が起き、体調を崩す場合があります。

 

2、空腹時に飲んでしまった

 

先にも書きましたが、サプリメントは食事からは微量にしか摂取できない凝縮してつめこんだものです。

 

すきっぱらに酒を飲むと酔いがまわりやすいように、すきっぱらにサプリメントを流し込むのも、その濃い栄養素をいきなり消化吸収しようとするのですから、胃が驚いてしまいます。

 

栄養素を吸収する以前に胃への負担になり、気持ち悪さや吐き気などが出てしまう場合があります。

 

3、特殊成分への耐性のなさ

 

亜鉛やビタミンCなどの食事にも含まれる栄養素のサプリメントではなく、

ノコギリヤシ、プラセンタ、マカ、プエラリア、ファビノール、フォルスコリなどなど

最近ではかなり有名になったものもありますが、これらは海外の植物(ハーブ)を原料とした成分です。
もちろん、その土地では何百年、あるいは何千年と前から民間薬として利用されてきたもので、効果もあるからこそ、今日まで利用されているのです。

 

しかし、それをまったくなじみのない土地の人々が摂取した場合、体質に合わず体調不良を起こす事も十分考えられます。

 

日本国内であっても、その風土にあった食べ物を食べているからこその健康であると思います。
北海道の人が年中沖縄料理を食べているなんてことはないわけです(いや、どこかにはそんな変わり者もいるかもしれませんが…)
ましてや世界はさらに広いのですから、その土地の成分が体質に合わず、体調不良を起こすことも考えられます。

コメント

コメントを受け付けておりません。