育毛大辞典 > 抜け毛対策法 > 秋の抜け毛対策法 > 秋は抜け毛の季節!抜け毛について勉強しよう!

秋は抜け毛の季節!抜け毛について勉強しよう!

君は前髪を切った方がいいね

いよいよ涼しくなり、本格的に秋到来ですね。

 

「最近、抜け毛がひどくなって…」という悩みを2人立て続けに聞きまして、その2人はまだ薄毛ではないのですが、ストレスが貯まる職場であったり、元々髪が少ないことに悩んでいたりといったいわゆる『薄毛予備軍』の2人です。

 

その2人には、「秋は抜け毛が増える季節だ」ということを説明しておきました。

 

それにしても、実感としてなぜ秋はこんなにも抜け毛が増えるのでしょうか。

 

今一度、初心に帰って抜け毛について勉強してみようと思いました。

 

人は1年間で何本毛が抜けているのか!?

 

1日平均で50~100本の毛髪が抜けており、その大半(50~70%)は洗髪時に抜け落ちていると言われています。

 

ですがこの数字はあくまで平均であり、実際毎日100本ずつ、なんて規則正しくはいかないわけです。1日に抜ける毛髪の本数は、数本~250本くらいです。

 

特に夏は、汗や皮脂、紫外線の影響、夏バテによる栄養不足等で髪と頭皮へのダメージが蓄積します。

そのツケが秋にやってくるのです。

なぜ夏にダメージを受けたものが夏にすぐ抜け毛として表れず、秋にやってくるのか、それは、毛髪の生え換わりのサイクルが約3カ月だからです。

 

要注意抜け毛は本数よりも抜けた毛の質である!

 

抜けた毛の本数だけを数えてがっかりし、抜けた毛はよくよく見ずに捨てていませんか!?

 

じつはその抜けた髪の質が、抜けた髪の本数よりも重要なのです!!

 

つまり、抜け毛が多くてもその分生えてくれば問題ないわけです。

 

抜け毛>生える毛

 

となると薄毛へと進行してしまうわけです。

 

その見分けは、まず、抜け毛が増えたなあと思う時の抜け毛をすぐに捨てずに、毛根側のほうの毛をよくよく観察して下さい。

 

毛根部分は健康な毛髪であれば、きれいに丸くなっています。

ここが細くとがっていたり、形が歪んでいたり、脂やフケが多く不着していたり、そんな毛髪が抜け毛の中に多く見られたら、これは薄毛要注意サインです!

 

また、毛根部分だけではなく、毛そのものも、本来のツルんとしたハリのある状態ではなく、細い、赤茶けている、でこぼこしている、こんな毛髪が増えていたら、髪に栄養が回ってきていないサインです。

 

ぜひ、今すぐ今日にでも、抜けた本数だけを数えるのではなく、抜けた毛をよく観察してみましょう!

 

薄毛に繋がる危険な抜け毛かどうかは、抜け毛の本数ではなく『抜け毛の質』で判断されるのです!

コメント

コメントを受け付けておりません。