育毛大辞典 > 抜け毛対策法 > 冬の抜け毛対策法 > 冬の方が頭皮がにおう!その原因と対策は?

冬の方が頭皮がにおう!その原因と対策は?

これはいいにおいだにゃ~
におい問題といえば、春~夏にかけての方が気になるところだと思います。
 
しかし、意外や意外!
 
冬の頭皮のほうが臭っているんです!
 
これは実は頭皮に限った事ではなく体臭全体に対していえるのですが、育毛に関係することとして「頭皮のにおい」に絞って調べてみました!
 

冬の方が頭皮がにおう原因とは!?対策は!?

 

冬の皮脂のにおいは汗で流れない!
 
一般的には、夏のほうが皮脂が過剰に分泌されているように思えるのですが、夏も冬も皮脂の分泌量はさほど変わりありません。
返って夏は多量の汗をかくので頭皮の皮脂が流れやすくなります。
汗をかかない冬の季節では、外の気温が下降していますので、頭皮の皮脂は根元で硬くなってしまいひおいの原因となってしまうのです。
 

冬の乾燥が皮脂の分泌を過剰にしている!
 

日本の冬は非常に乾燥しています。室内で暖房器具を使えばなお乾燥しています。
乾燥で敏感になった頭皮に刺激が強かったり、自身の合わないシャンプー、もしくは夏用の脱脂力の強い爽快感重視のシャンプーの使用などで余計に頭皮が乾燥し、頭皮はその乾燥から守ろうと過剰に皮脂を分泌してしまっている、という悪循環です。
 
私は、常々、夏と冬にはシャンプーを衣替えすることをオススメしています!
私も乾燥、アレルギー体質なので、やはり夏にちょうどよかったものは冬にはパサつく感じがし、逆に冬に調子良く使っていたものは夏にはベタつく感じがし、気持ち悪いので使い分けるようになりました。
 

不潔な防寒具で髪と頭皮が汚れている!
 

夏は汗もかくのでマメに帽子も乾かしたり、洗っていたりする人もなぜか、冬の帽子は洗わない人が多いんです。
冬は汗もかかないので衣類のにおいも夏ほどは気になりません、冬物の帽子はニット帽など手洗いの必要があったり面倒だ、ということもあります。
しかし、せっかく髪と頭皮を清潔にしていても、よごれた帽子を被ってしまっては意味がありません。
冬も帽子やフードつきパーカー、コートなどもマメに洗濯しましょう!

コメント

コメントを受け付けておりません。