育毛大辞典 > 成分 > ミノキシジルの3倍の育毛効果!?「キャピキシル」とは!?

ミノキシジルの3倍の育毛効果!?「キャピキシル」とは!?

a0960_004669

みなさま、お久しぶりです!
諸事情で離れておりましたが、この度舞い戻ってきました!(笑)

それもこの、ミノキシジルの3倍の育毛効果を発揮するという「キャピキシル」の存在を知ったからです!

「キャピキシル」とは何か!?我々、薄毛男子を救う救世主となってくれるのでしょうか!?

「キャピキシル」の育毛効果について調べてみました!!

 

 

「キャピキシル」とは!?

 
キャピキシル(Capixyl)とは、カナダのLUCAS MEYER COSMETICS社が開発した植物エキスとペプチドを含む化粧品原料のことです。
キャピキシルを3%以上配合した製品には原料メーカーよりエンブレムが付与されるとのことで、それがあるかないかもキャピキシル製品選びの基準になることでしょう。
 
キャピキシル(Capixyl)は、『アカツメクサ花エキス』と『アセチルテトラペプチド』を含む複数の成分によって構成されています。
 
アカツメクサは、別名「レッドクローバー」とも呼ばれ、欧州では伝承薬として受け継がれていた歴史もあるようです。
アカツメクサにはイソフラボン類が豊富に含まれ、特に『ビオカニンA』というイソフラボンの一種には、男性型脱毛症の原因とされているジヒドロテストステロン(DHT)の生成を促す脱毛酵素5αリダクターゼを抑制すると報告されています。
 
アセチルテトラペプチドは4つのアミノ酸により構成されており、細胞外の超分子構造体である細胞外マトリックスの産生を助ける効果が期待されています。
アセチルテラペプチド3は極めて強い細胞修復作用を持ち、その作用は最前線の医学でも活用されており、切断された四肢や火傷等で痛んだ皮膚の修復に対して高い細胞復元効果がもたらされ、完全に元通りになる症例も少なくありません。

 

 

「キャピキシル」と「ミノキシジル」の育毛効果の違いとは!?

 
では、何をもってしてキャピキシルの育毛効果はミノキシジルの3倍と言われているのでしょうか。
 
成分の濃さが3倍なのか?3倍毛髪が太くなるのか?3倍速く毛が生えるのか?
 
こちらは開発元であるLUCAS MEYER COSMETICS社が、培養された組織細胞で実験した結果、キャピキシルに含まれる成分アセチルテトラペプチド-3がミノキシジルの3倍の増加率だったというデータがでているようです。
 
ただし、実際に人の毛髪の生え具合を正確にミノキシジルと比較した検証結果は見当たりませんでした。

これはもう自分で調べてみるしかないのかも?
 
1点注意したいのが、ミノキシジルは医薬品成分ですが、キャピキシルは日本ではまだ有効成分として認可されていません。
つまり、医薬品でもなく、医薬部外品でもなく「化粧品」(ヘアローション等の部類)に分類されるということです。
 
ですが、当ブログでも散々訴えてきましたが、医薬部外品ではないというだけど効果がないと決めつけるのは浅はかです!
 
相性の問題かもしれませんが、正直、効果のない医薬部外品の育毛剤なんてざらにありました…
 
企業は売りたいがために魅力的な売り文句をたくさん並べてきますが、大事なのは成分です!
そこはぜひ、自身で学習して、本当に有効な育毛成分を探し、選んでいきたいものです。

コメント

コメントを受け付けておりません。