育毛大辞典 > シャンプーについて > シャンプー成分 > 無添加シャンプーの定義とは!??

無添加シャンプーの定義とは!??

ローズマリー

2001年3月までは、厚生省によって定められていた、アレルギー反応を起こす疑いのある成分102種類。この「表示指定成分」 が入っていない化粧品のことを、「無添加化粧品」と呼んでいました。

「表示指定成分」というのは、1970年代に、「アレルギーを引き起こす可能性がある成分」として厚生省が指定した成分のことです。

2001年4月以降は、指定成分という取り決めがなくなり、「配合されているすべての成分を化粧品に明記すること」となりました。 これによって、以前使われていた「無添加化粧品」という枠組みがなくなり、 現在そう呼ばれているものは、だいたいが以前からのなごりで「旧指定成分を配合していない化粧品」のことを指します。

 

要するにこれからは自分で自分の身を守る、つまり成分を一つ一つ見極めることが必要になったわけです。

 

「無添加化粧品」というのは、これらの「旧指定成分」が使われていない化粧品のことを指すことが多いのですが、指定成分以外にも防腐剤はあるので、無添加化粧品といっても防腐剤が入っていることもあります。

 

そこで、現在売られている「無添加シャンプー」の「無添加」の中身は何か!?

残念ですが、メーカーによって何を排除しているのかはまちまちである、これが結論になります。

 

例えば、防腐剤の一つに『パラベン』があり、世間の噂ではいろいろ悪いことが言われています。

このパラベンを排除し、無添加シャンプーと名乗っているものはかなり多いです。

しかし、パラベンは、低刺激で安全なうえに、すぐれた防腐効果を持っています。
人体に害がない証拠としては、化粧品だけでなく、食パンやジュースなどにもよく使われています。また、防腐剤の中でもかなり防腐効果が高いので、配合量も少なくてすみます。

そして、このパラベンという防腐剤を排除したら即OKというわけにはいかないんです。

 

防腐剤なしでは化粧品は腐ってしまうからです。

 

そこで無添加シャンプーの中にはパラベンの代わりに『フェノキシエタノール』を入れているものがよく見られます。
しかしこの防腐剤にも欠点はあります。パラベンよりも防腐効果が弱いため、パラベンよりも配合量が多くなってしまうという点です。結局は一長一短なのです。

またこれらの防腐剤は厳しく配合制限が決められており、通常、人体に即害を及ぼすことは考えにくくなっています。

 

防腐剤が入っていない無添加シャンプーの場合、冷蔵庫で保存するよう指定されているものがあります。その注意書きを見逃して浴室に置いたままにしておくと、雑菌が繁殖しやすく、知らずに使ってしまうと頭皮トラブルを起こすケースもあります。それぞれの製品に書かれた注意書きも良く読んで、誤った使い方をしないように気をつけてください。

 

防腐剤以外でも合成香料の無添加シャンプーなどいろいろありますが、ほぼ同じことです。

 

アルコールにかぶれる方、パラベンに反応する方、香料に気分が悪くなる方、など、個人の体質によって反応してしまう 成分には違いがあります。

 

トライアルセットや試供品があれば、まずは肌質に合うものかどうか事前にチェックするのがおすすめです。

コメント

コメントを受け付けておりません。