育毛大辞典 > シャンプーについて > シャンプー成分 > 合成界面活性剤全てが髪に悪いわけではない!

合成界面活性剤全てが髪に悪いわけではない!

せっけん

 

 

 

 

 

 

 

 

シャンプーの主成分は界面活性剤と呼ばれるものです。

界面活性剤とは?

界面とは表面という意味です。

2つのまじりあわない物質の間には必ず界面が存在します。

例えば、水と油は混じり合わないものの代表のように言われています。混じり合わない水と油の間には界面が存在してしています。

界面活性剤とは、この水と油両方に馴染むので、脂に馴染み汚れを取り、水でさらっと汚れを洗い流す役割があります。

 

界面活性剤の大部分は化学的に作られた合成界面活性剤です。
一般的に、石けんも化学的につくられるので、合成界面活性剤を使用していると言えます。

 

合成があれば天然界面活性剤もあるのか!?と言われれば、それはあります。

卵黄に含まれる卵黄レシチン(マヨネーズの卵と油が混ざるのはこの卵黄レシチンの働きです)、大豆に含まれる大豆レシチン、ムクロジの実やサイカチのサヤと実など植物に含まれるサポニンなどです。

しかし、天然界面活性剤だけでシャンプーをつくることはできません。必ず何か他の洗浄成分を混ぜないといけませんし、希少成分であり、生産コストも高くつくからです。

 

話は戻りまして、合成界面活性剤にもいろいろな種類があります。

石油から作られる界面活性剤と、アミノ酸・たんぱく質・コラーゲンなどの 天然成分から作られる界面活性剤があります。
また、乳化剤として使われるだけでなく、洗浄剤、保湿剤、紫外線分散剤などとしても利用できます。

 

世の中で一般に「天然界面活性剤使用」とうたわれた商品は正しくは「天然由来(天然系)の合成界面活性剤使用」という意味なのです。

 

ですので、合成界面活性剤が悪いものではなく、その界面活性剤が何由来で作られたか、が重要です。

天然由来で作られた界面活性剤か、石油由来で作られた界面活性剤かを見極めましょう!

 

シャンプーの裏面の表示成分で、

  • ラウリル硫酸Na(ドデシル硫酸ナトリウム、略称TEA)
  • ラウレス硫酸Na(ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム)
  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸アンモニウム液
  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩(AES)
  • ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム
  • ジステアリン酸エチレングリコール

という表記があれば、それは石油系の合成界面活性剤です。

 

私がおすすめするのは、比較的人体に刺激の少ない天然由来の界面活性剤です。

 

天然由来の界面活性剤の中で、シャンプーで多く使用されているのが、アミノ酸系界面活性剤です。

 

おススメできるアミノ酸系の合成界面活性剤の成分は、

  • アシルグルタミン酸
  • ココイルタウリンNa
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ラウロイルメチルアラニンNa

です。

シャンプーを買われる際はぜひ裏の成分表示をチェックしてみて下さい!

コメント

コメントする