育毛大辞典 > シャンプーについて > シャンプー成分 > 髪に悪いと言われているシャンプー成分とは!?

髪に悪いと言われているシャンプー成分とは!?

泡

 

「ノンシリコン」についての時もそうでしたが、シャンプーの成分名を出されて、これは良い、これは悪い、と言われても、

 

じゃあ一体それの何が悪いのか!?あるいは良いのか!?

 

までは追及しないという人が大多数なようです。

以前の私もそうでした。キャッチコピーを全て鵜呑み状態でした。

 

しかし、本気で育毛を考えるならこれからはそれではいかん!と、早速主なものを調べてみました!

 

まずは、悪いと言われている成分の有名どころから調べました。

 

ラウリル硫酸Na(ドデシル硫酸ナトリウム、略称TEA)

旧表示指定成分。きわめて強い脱脂力を持つ硫酸系洗浄剤。
安価で非常によく泡立つため、シャンプーに非常によく使われている。
脱脂力が極めて強いため、エンジンの油落とし剤、車の洗車用、などに使われている場合もあります。
タンパク変成作などもあり、刺激も強いです。

 

タンパク質変性作用とは?

タンパク質を破壊する働きのことです。特にすすぎ残って頭皮や肌にとどまった成分が、この作用を発揮し、頭皮細胞のタンパク質を少しづつ壊していきます。この影響が大きくなると、慢性的な肌荒れやニキビ、抜け毛の原因になると言われています。

 

ラウレス硫酸Na(ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム)

旧表示指定成分。ラウリル硫酸の刺激が強いということで、改良され生まれた洗浄剤。しかし、きわめて強い脱脂力を持ち、正直使用感に大差はなくほぼ同じと考えて間違いなしです。
やはりタンパク変成作用などもあり、刺激も強い。

 

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム

危険な合成界面活性剤の1つ。
長期間使い続けるとだんだんに毛が細くなって、枝毛・切れ毛・抜け毛が多くなり頭皮障害が起こりハゲやすくなるという成分です。しかも、アンモニウムと結合して生成されているので人体どころか環境にも良くない成分です。

 

その2につづきます!

コメント

コメントを受け付けておりません。