育毛大辞典 > シャンプーについて > シャンプー成分 > 髪に良いと言われているシャンプー成分とは!?

髪に良いと言われているシャンプー成分とは!?

成分イメージ

今回は、以前ご紹介した中から、シャンプーに入っていると髪に良いほうの成分です!

 

 

 

 

 

アシルグルタミン酸

グルタミン酸とステアリン酸、ヤシ油脂肪酸、ラウリン酸などの脂肪酸塩化物をアシル化反応によって得られるアニオン(陰イオン)界面活性剤の代表的な原料です。

皮膚や粘膜に対する刺激性が少ないので、敏感肌用の石鹸、シャンプーに好んで使われています。アミノ酸系洗浄成分ということで、使用時や使用後の肌への感触がマイルドなので安全性を実感できる特徴があります。

 

アニオン(陰イオン)界面活性剤とは?

アニオン界面活性剤はマイナスを帯びているので、プラスを帯びた物質(皮脂、ホコリ、フケ、整髪料など)を吸着し、すすぐと一緒に流れ落ちます。これが「洗う」原理であり、古くから石けんをはじめ、多くの合成洗剤に利用され、現在でも全界面活性剤の約半分を占めています。

 

ココイルメチルタウリンNa

ヤシ油とタウリン誘導体で構成される天然系合成界面活性剤。
とても低刺激で、泡立ちも良い。タウリンはアミノ酸にとても近い成分で、文献によってはアミノ酸系洗浄剤に分類されている。
洗いあがりはさっぱりタイプでしなやかにふんわり仕上がる。
かなり高価な成分です。

 

ラウロイルメチルアラニンNa

低刺激で安全性の高いアミノ酸系の天然系合成界面活性剤。
弱酸性で適度な洗浄力と脱脂力を持っており、泡立ちもいい。
洗いあがりはさっぱりタイプでしなやかにふんわり仕上がる。ボリュームを潰さずに洗いたい方に適している洗浄剤。
アミノ酸系の中でも高価な成分のため、シャンプーの主剤(最も多い配合成分)に使われている例は極めて少ないです。
アシルグルタミン酸よりさらに低刺激性ですので、ベビーシャンプーに使われたり、他の界面活性剤の刺激緩和剤としても使われます。
【同等成分】 ラウロイルメチルアラニンTEA

 

いかがでしょうか!?

 

気になる成分を見つけたら今後も調べてご紹介しようと思っていますので!

コメント

コメントする