育毛大辞典 > 健康 > 今から始めよう!夏バテ対策と解消法!

今から始めよう!夏バテ対策と解消法!

太陽ぎらぎらの街

今年は何だかいまいち寒いなあと感じていましたが、最近一気に気温が上がっていよいよ本格的な夏ですね!

最近、こんな症状を感じている方はいらっしゃいませんか!?

  • なんとなく全身がだるい、無気力、その疲れやだるさが翌朝になってもなかなか抜けない
  • 食欲不振や胃腸障害(下痢・便秘など)の症状が出るようになった
  • ストレスを以前より感じやすくイライラする
  • なんとなく熱っぽい、酷いとめまいや立ちくらみがする

ひとつでもあてはまったら、夏バテかもしれません!

 

実は私も夏が苦手なので、すでに症状出ててかなりしんどいです(苦笑)

 

夏バテとははっきりとした定義がなく、こうしたいくつかの症状を総称して「夏バテ」と呼んでいるものです。

夏バテが起こる原因とは!?

体内の水分とミネラル不足

人間の体温は36~37度のときが一番スムーズに活動すると言われています。
夏になると気温が上昇して体温も上がるため、身体は汗をかいて体温を下げようとします。 しかし汗は、体内の水分と一緒にミネラル分も体外へ排出してしまうため、身体に必要なミネラル分も大量に失われてしまいます。すると身体は、脱水症状をおこすなど、体調に異常を発生させてしまいます。

消化機能の低下と栄養不足

真っ先に思い浮かぶ夏バテの症状は「食欲がなくなる」という人が多いのではないでしょうか。私もまずそこからですね…。
暑いと胃の消化機能が低下してしまい、栄養の吸収が悪くなり、食欲不振を起こしてしまいます。栄養の吸収が悪くなると、ビタミン、ミネラル、たんぱく質といった、身体に必要な栄養素が不足し、夏バテ特有の症状が出やすくなります。

暑い屋外と冷房で冷えた室内との温度差

エアコンが効いた室内から、暑い屋外へ一歩踏み出すと、めまいやたちくらみを感じたりすることはありませんか?
これは体温を調節する自律神経が、気温の変化に対応しきれなくなっており、自律神経失調症をひきおこしている可能性が考えられます。

これはやっておきたい夏バテ対策と解消法!

 

こまめな水分補給をしよう!

夏の暑い時期には1日3リットルの水分が必要といわれています。
1リットルは食事から摂取することができますが、残りの2リットルは、飲み物でとる必要があります。

私もよくやってしまうのですが、のどに渇きを覚えたときには、すでに水分不足になっています。

のどに渇きを感じなくても、コップ1杯程度の水分をこまめに飲むようにしましょう。

しかし、水分が必要だからといって、冷たい水をガブガブ一気に飲むと、体に吸収されにくく、胃腸も冷えすぎて消化能力を落としてしまい、返って夏バテまっしぐらになってしまいます。

できれば常温がいいんですが、はっきりいって常温の水は飲みにくいです。ですので、流しこまないで、いったん口のなかに含んでから飲むという方法がいいと思います。

夏の冷たいビールは本当に最高なんですが、ビールやアルコール類は利尿作用が強く水分補給にはなりませんので要注意!

 

ビタミンB1.B2、クエン酸を取ろう!

発汗とともに体に必要なミネラルが体外に出てしまい、体内のミネラルバランスの崩れが、夏バテとなる疲労感につながる原因になります。

また体温調整にはかなりのエネルギーを必要とします。

 

そこで夏バテ解消に有効な栄養素が、ビタミンB1.B2、クエン酸です!

 

脂肪や糖質をエネルギーにかえるために必要なビタミンB1を豊富に含んだ食材は、うなぎ、豚肉、レバー、うなぎ、いわし、枝豆、納豆、豆腐、玄米、ゆずなどがあげられます。

ビタミンB2も脂質の代謝を促進し、体に有害な過酸化脂質を分解する働きがあります。
ビタミンB2を多く含んだ食材は、レバー、のり、納豆、卵などです。

どちらも不足すると疲労感や脱力感を招き、胃腸働きを低下させ食欲不振など、夏バテを悪化させてしまう原因となります。

疲労回復効果があるクエン酸を豊富に含んだ食材は、酢、梅干し、レモン、グレープフルーツ、ゆずなどです。

 

夏はとくにこれらの食材を積極的に取り入れてみましょう!

 

室温と外気の温度差を調整しよう!

自律神経の働きをスムーズにし、上手に体温を調節するためには、室温と外気の温度差を5度以内にすることが理想的です。

 

どうしても暑いときはうちわや扇子を使うとか、エアコンの除湿をうまく利用する、高めの温度設定のエアコンと扇風機を併用するなどの対策もいいですね。

 

去年以来の「節電の夏」は夏バテ対策に関しては意外にも役立っている?のかもしれませんね。

 

さっそく私もきょうから実践します!まずは…うなぎでも食べたいな~。

コメント

コメントを受け付けておりません。