育毛大辞典 > 健康 > アスリートに学ぶ!髪に良い食事法!

アスリートに学ぶ!髪に良い食事法!

陸上レーン

 

連日、オリンピックで寝不足じゃないですか!?

自分もそのうちの1人なんですが(笑)

 

今回の日本選手の活躍は本当に素晴らしいですね!

体操、水泳、サッカー、フェンシング、卓球、レスリング…

 

 

 

アスリートを見てると改めてそこへ至るまでの道のりや努力に感服します。

そしてなによりあの強靭な体!

 

どんなもの食べたらあんなムキムキな体になるんだろうかーと検索してたら、

おっ!意外にも髪に良い栄養とかぶっているんじゃないか!?ということを発見しました!

 

体も髪もつくる元、たんぱく質を摂取しよう!

 

筋肉も髪の毛も同じたんぱく質で作られています。

アスリートは、特に動物性たんぱく質で脂質の少ないものを選んで摂っているようです。

具体的には、モモ肉・ヒレ肉や鳥のささみ、新鮮な魚介類など。

あの体つきを見れば一目瞭然ですが、無駄な脂肪なんて一切ないですよね。

 

頭皮にも無駄な脂分はいらないんです!

 

特に男性は脂症の症状が気になります。育毛シャンプーと呼ばれているものも大抵はスッキリサッパリ洗いあげる系のものですからね。

脂質の少ない動物性たんぱく質を摂ることで、抜け毛も減ってアスリートのようなムキムキボディに!

(あ、ムキムキボディは運動しないとダメですけどね…笑)

 

海藻、ゴマ、ナッツなどのミネラル類を摂ろう!

 

激しい運動をすると大量のミネラルが消費されます。なのでアスリートは大量にミネラルを補給します。

 

ミネラルはビタミンの吸収になくてはならない栄養素です。ミネラルなしではビタミンは機能しないどころか吸収もされないのです!

そして、ビタミンは、摂取したたんぱく質が体内で一度アミノ酸に分解され、再び筋肉や毛髪等のたんぱく質へと合成される「たんぱく質代謝」に必要不可欠な栄養素です。

それら一連の働きがあって初めて筋肉も毛髪も形成されるわけです。

 

そこで、挙げた、海藻、ゴマ、ナッツ(無塩のものが理想)は、その中でも最適のミネラルバランスなんです。

 

育毛グッズ(育毛シャンプーや育毛サプリメント等)でよく「たんぱく質(アミノ酸)」と「ビタミン」が挙げられているのは見ますが、「ミネラル」ってあまり見ませんよね。

理由は、ミネラルは通常の食事で不足することはないと考えられていたからなんです。

しかし、現代人の加工食品、外食の多い食生活では確実にミネラル不足も起きているのが現状です。

特に自分みたいな独身サラリーマンなんかは自炊もそこそこについついそうなってしまいますよね。

確かにわかめばっかり食べてても髪は生えないですが、ワカメもちゃんと必要なんですよ!

 

野菜・果物を食べてビタミン補給!

 

さきほども書きましたが、ビタミンはたんぱく質代謝に必要不可欠な栄養素です!

 

そして、ビタミンはやはり、野菜・果物から摂取するのが一番です!

 

野菜料理は食事後の急激な血糖値の上昇を抑え、脂肪のつきにくい体をつくります。

果物の糖分である「果糖」は、カロリーも低くカリウムというミネラルも豊富に含まれています。

 

たんぱく質代謝に必要なビタミンは具体的に挙げると、ビタミンB群です。

 

ビタミンB群とは、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸の8種の総称あり、このビタミンB群が体内すべてにエネルギーを供給する働きをします。

 

ビタミンCには細胞を酸化させる活性酸素を分解する「抗酸化作用」があります。

活性酸素は激しく運動したときのほか、強いストレスを感じたときにも大量に生成されます。

そう、ストレスは抜け毛の大敵です!!

毎日の食事で多少なりともストレスを減らすことが出来たらそれのこしたことはないですよね。

 

アスリート程には徹底して管理しないまでも、育毛のためにも日々の生活の中での食事管理は気をつけたいものです。

 

コメント

コメントを受け付けておりません。