育毛大辞典 > 育毛に良い栄養素 > 育毛に必要な栄養素!~ノコギリヤシ~

育毛に必要な栄養素!~ノコギリヤシ~

インディアン
育毛サプリメントを調べていたら、亜鉛と同じくらいの頻度ででてきたのがこの「ノコギリヤシ」でした。

 

「ノコギリヤシ」とは何ぞ!?

「ノコギリヤシ」で毛が生えてくるのか??

 

 

 

 

 

まず、ノコギリヤシとは

ノコギリヤシとは、アメリカ南東部からメキシコにかけて広く自生しているヤシ科シュロ属の植物です。

高さが2~4mになり、砂浜に密生していることが多く成長は遅い。

葉柄には棘があり皮膚を傷つけることがあります。この、葉がのこぎりのようにギザギザしているので「ノコギリヤシ」と呼ばれています。

ノコギリヤシの別名「ソーパルメット」は英名です。

 

大きな赤黒い果実は野生動物や人の食料になっていました。

古くからインディアンたちがノコギリヤシの実のエキスを強壮剤として愛用しており、ヨーロッパにおいても19世紀初頭から民間で強壮植物として伝えられています。

また、中国では古くから泌尿器疾病の治療薬 (漢方) として利用され、さらに強壮、利尿に効果があるとされてきました。

 

ノコギリヤシの成分と効能

 

ノコギリヤシには、脂肪酸やステロール、フラボノイド、亜鉛、オクタコサノール、モアーテルターゼなど多くの栄養分が含まれています。

 

特に果実に含まれるオクタコサノールやステロールは、男性型脱毛症(AGA)を引き起こす男性ホルモンを生成する5αリダクターゼの働きを阻害する作用があります。

また、同じく実に含まれるモアーテルターゼには、前立腺肥大症の原因となる酵素のはたらきを抑制する効果が期待できます。

 

男性ホルモンと言うと男性限定と思われがちですが、女性についても、男性ホルモンにはたらきかけて女性ホルモンバランスを整えるはたらきが認められています。

女性の体内ではもともと女性ホルモンが優位になっていますが、過剰なストレスなどで男性ホルモンの分泌が促されると、ホルモンバランスが崩れて、女性特有の機能が低下してしまいます。

しかし、ノコギリヤシを飲用すると、体内の女性ホルモンが優位になり、バストアップや不妊症の治療、母乳の分泌促進、尿失禁・頻尿改善などへの効果を期待することができます。

 

夜尿症やかぜ、上気道カタル、喘息といった症状にも効くといわれています。

 

ノコギリヤシの育毛効果とは

 

果実に含まれるオクタコサノールやステロールは、男性型脱毛症(AGA)を引き起こす男性ホルモンを生成する5αリダクターゼの働きを阻害する作用がある、と書きましたが、

5αリダクターゼは、皮脂腺に存在する『1型』と、毛乳頭に存在する『2型』の2種類に分かれています。

ノコギリヤシは1型に対して10~40%程度、2型には40%程度の抑制効果があるといわれています。

 

ノコギリヤシの有効成分がホルモンバランスを整えることで、抜け毛を防ぎ、育毛・発毛効果を発揮します。

 

ノコギリヤシに副作用はあるのか

 

一般的には問題となる副作用や健康被害はないそうです。

急性毒性も慢性毒性もなく、また処方薬との相互作用も現在まで報告されていません。

まれに、胃の不調、アレルギー症状、過敏症が出る場合がありますが、適切に使用する場合にはおそらく安全と思われる。

ただし、医薬品との相互作用が報告されており、性ホルモンに対する作用があることから、妊娠中・授乳中は使用を避けるのが望ましいという報告もあります。

 

ノコギリヤシは何で摂取したらいいのか

 

日本でノコギリヤシそのものを入手することは困難です。

やはり、サプリメントで摂取するのがいいでしょう。

ただし、サプリメント選びでも気をつけていただきたいことがいくつかあります!

 

アメリカからサプリメントして発売され、ヨーロッパ、そして日本にノコギリヤシは知られるようになりました。
日本のサプリメントより、海外のサプリメントの方がノコギリヤシの成分が濃く配合されているにも関わらず、安価であることから個人輸入をされている方も多いようですが、濃く配合されていることで、過剰摂取に繋がることもあります。

個人輸入はあくまで個人責任。内容成分・配合量等しっかりチェックするか、でなければ、国内品のほうをオススメします。

 

基本的に、配合されているのがノコギリヤシのエキスのみというサプリメントはほとんどありません。多くのサプリメントは、他の成分も配合されています。
男性ホルモンに関係する成分でもあるビタミンEや亜鉛などを一緒に摂取するとノコギリヤシの効果をアップさせることができます。
そのため、ノコギリヤシ成分にプラス、ビタミンEや亜鉛も配合されているのを選ぶのがオススメです!

コメント

コメントを受け付けておりません。