育毛大辞典 > 育毛に良い栄養素 > 育毛に必要な栄養素!~カプサイシン~

育毛に必要な栄養素!~カプサイシン~

キムチチゲ

さらにさらに育毛に必要な栄養素を調べていくと、これもよく出てくる!「カプサイシン」

これも、唐辛子の辛味成分だろ?くらいには知っていたが、女性がダイエットに良いよというくらいの知識しかなかった。

 

 

ダイエットに良くて育毛にも良いなら、最近中年太りが気になりだした我々世代には最適じゃないか!?

でも、胃に悪くないのかな…(←生まれつきの胃弱)

などど不安を抱えたまま(笑)この「カプサイシン」の育毛効果を調べてみました!

 

まず、カプサイシンとは


言わずと知れた、トウガラシの辛みの主成分でアルカロイドの一種。
同じ辛みでもワサビや山椒、カラシとトウガラシの風味は異なり、トウガラシのカプサイシンの辛みが味覚ではなく、痛覚によるものである。

そのため、口内だけでなく体中の粘膜や皮膚の上でもカプサイシン受容体が分布しています。
皮膚からカプサイシンの刺激を受けると、温熱を感じる知覚神経を刺激し、実際に温度が上がっていないにもかかわらず脳に暑さを感じさせ、カプサイシンの濃度が高ければひりひりと激しい灼熱感を引き起こす。

食事から摂取されたカプサイシンは、体内に入ると脳に運ばれます。
そこで、副交感神経に作用し、副腎のアドレナリンの分泌を活発にさせ、発汗や強心作用を促し、新陳代謝を活性化させます。

運動したときと同様にエネルギー代謝を促進する働きがあり、体脂肪の分解を進めるため、ダイエットサプリメントとしても利用されている。 また、体温を高め、血行を促進させる作用があるため、肩こりや冷え性改善にもなる。

カプサイシンを摂取することで鬱症状の改善効果もあるとの報告もあるようです。

 

カプサイシンの育毛効果とは

 

脱毛とは、基本的に頭のサイドからはなく、頭のトップ(てっぺん)から始まることが多いとされています。

そこで、脱毛症の方について、サイドとトップの頭皮温度を測定するという実験がされました。
すると、トップの頭皮の温度が、サイドよりも低いことが分かっています。
頭皮の温度が低いということは、血行が悪いということなので、抜け毛につながるという結論につながります。

そこで、カプサイシンを摂取すると血液循環が改善され、頭皮の温度も高くなります。
結果、育毛に必要な栄養素が頭皮に運ばれることになりますので、脱毛を改善することができるというわけです。

 

育毛に効果のあるカプサイシンの摂取量

 

育毛効果を発揮しようとすると、カプサイシンを1日6mg(唐辛子2グラム相当)を毎日摂取しないとならないそうです。
一味唐辛子の1瓶が15gですから その内2g使うとなるとかなりの量ですな…。

よほどの激辛通でない限り食事で摂るのはあきらめてサクッとサプリメントで摂取するのが良さそうです。

しかし、気をつけていただきたいのは、サプリメントにも注意書きにちゃんと「胃痛」に注意と書かれているんです。

前述にも書きましたが、カプサイシンは辛味の味覚ではなく痛覚なので、サプリメントでまんまと舌と喉をだませても胃であばれる危険大ということですね。

胃弱な方はくれぐれも容量・用法をよく守って、ちょっとでも違和感を感じたら止めてください。

どんなに薄毛で悩んでいてもやはり、痛みを伴う分、毛よりも胃が大事ですから…(苦笑)

 

カプサイシンと一緒に摂取するとより育毛効果のある栄養素

 

カプサイシンを摂取しても胃も荒れない、全然OK!という方は、ぜひこれを試していただきたい!

大豆等に含まれる栄養素「イソフラボン」とカプサイシンを同時に摂取することです!

同時に摂取することで育毛の相乗効果が期待できます!

カプサイシンの育毛効果は毛母細胞を増加させ、ヘアサイクルを活発にする働きがあることがあるそうです。

さらに、イソフラボンの育毛効果はその活発になったヘアサイクルを延ばす(つまり抜け毛になる時期を延ばす)因子を増やす作用があるそうです。

 

 

イソフラボンもまた女性が健康になんちゃら…と言ってたくらいの知識しかなく、また調べてみました。
詳しくは次の日記でのせます!

コメント

コメントを受け付けておりません。