育毛大辞典 > 健康 > 育毛に良い睡眠 > 質のいい睡眠を取ろう!その1

質のいい睡眠を取ろう!その1

眠るネコ

明日からゴールデンウィークですね!

 

せっかくの長期休暇なので、ここはひとつ、日ごろの仕事の疲れを癒す意味でも、いい睡眠をとりましょう!

 

そもそも睡眠とは何で必要なのか?

 
なぜ人間は睡眠を取らないといけないのでしょうか?

それは、当たり前のことですが、心身の疲れを取るためです。

パソコンや車などの機械類は使っているとやがて消耗しメンテナンスが必要となります。人間にも同じことがあてはまります。特に人間の脳は発達しているので余計にしっかりと休息を取る必要があるのです。

睡眠不足が続くと心身の疲労回復が充分にできなくなり、内臓がダメージを受けてしまいます。

免疫細胞の数が少なくなり、抵抗力が低くなり、病気になる確率が上がります。恐ろしいことに発がん率も高くなるといわれています。

さらに、深い睡眠時に脳の脳下垂体から分泌する成長ホルモンの量が減り、細胞の新陳代謝が遅くなる、皮膚などにダメージを与える、筋力の低下が起こるなど、体の様々な部分に影響を及ぼします。当然、髪に栄養を送る血液の状態も悪化してしまいます。

精神面でもストレス耐性が弱くなり、イライラしやすくなり怒りっぽくなります。また、今までなんなく出来ていた物事の判断が正常にできなくなったりします。

 

まずは眠る環境から見直そう!

 

今の寝室の環境はいかかでしょうか?ちゃんと定期的に掃除はしていますかね?

やはり、ホコリだらけの不衛生な寝室では質の高い睡眠は取れないですね。そんな人はまずは掃除から。忙しくても月に1回は掃除機をかけましょう。

 

そして、外部から音が入らないように雨戸やカーテンはしっかり閉めましょう。

雨戸がない方は厚めのカーテンをすると効果的です。雨戸をしてからダブルカーテンすれば、一番良いと思います。エコにもなります!
電気はなるべく消して寝ましょう。

 

真っ暗だと怖くて眠れないって方は、うっすら物が判別できるぐらいの明るさの電球ならOKです。

コンセントに直接差す小型のLED電球が暗くもなく明るくもないので良いと思います。

また、デザインも結構オシャレなのが売っていますからおすすめですよ。明るさセンサー付きのだと、暗くなると明りが付くのでいちいちコンセントに差さなくてラクチンです。

 

室温は夏場は25~28℃、冬場は18~25℃、湿度は年間通して40~70%がちょうどいいでしょう。

 

エアコン、加湿・除湿機を上手く活用して調整しましょう。

加湿器・除湿機は音がうるさくて気になる方はタイマーを利用するといいでしょう。

私の場合、冬場は加湿器を使わずにお風呂で使ったバスタオルを干すようにしています。音はしないし自然に加湿してくれるので風邪予防にもなります。

 

寝室の環境を整えたら、次は寝具についてへつづきます!

コメント

コメントを受け付けておりません。