育毛大辞典 > 健康 > 育毛に良い睡眠 > 質のいい睡眠を取ろう!その2

質のいい睡眠を取ろう!その2

眠るネコその2

基本的なことから書くと、睡眠には睡眠サイクルというものがあります。

まず睡眠には浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠があります。

このレム睡眠とノンレム睡眠の1サイクルが90分間とされています。ですので、2サイクルですと180分間、3サイクルだと4時間30分、4サイクルだと6時間、5サイクルだと7時間30分となります。この睡眠サイクルの90分間を計算して睡眠時間を決めると、スッキリ起きれるとされています。

そしてその睡眠サイクルにはかなりの個人差があり、8時間以上寝ないとだめな人やナポレオンのように3時間でもへっちゃらな人もいます。

このように、人によって異なりはしますが、平均的にみると、人間の1日の約3分の1は睡眠に当てられています。

それだけの長い時間を過ごすのですから、良い寝具を選んで、より快適な眠りになるようにしましょう。

 

良い枕で寝よう!

 
枕のタイプはいくつもの種類が市販されていて迷いますよね。お店で寝心地を試せるところを探して、自分にこれだ!と思う枕にするようにしましょう。高いのですと数万もするので納得がいくのをチョイスしましょう。

個人的には低反発タイプが好きです。枕の高さと自分の首がちょうど合っているかんじがいいです。昔の話ですが、羽毛の標準タイプをしばらく使っていましたが、枕が高すぎて首にいつも無理な力が掛っている感じでした。

当然ほとんどの日が浅い眠りだったので、朝起きるのがものすごくきつかったのを覚えています。低反発タイプに変えてからは深い睡眠(良質)になったので今ではそういうことはありません。

 

良い掛け布団で寝よう!

 

掛布団の種類は羽根、羽毛、木綿、羊毛、シルクが一般的です。

羽毛布団は、昔と比べると価格が下がって買いやすくなりましたね。軽いので、寝ているときに重く感じないので疲れないし、吸放湿性が優れていておすすめです。ただし、安くなったとはいっても羽毛布団の価格にはバラツキがあるので、よく見極めてから購入する必要はあります。

お金に余裕ある方やこだわる方であれば、シルク布団なんか良いんじゃないかと思います。夏場は涼しいし冬場は体がポカポカになるので、すごく熟睡できます。

 

良い敷き布団で寝よう!

 

敷き布団の種類は羊毛、木綿、羽毛、化学繊維が一般的です。

選ぶ時のポイントは、適切な固さ、保湿性、通気性となります。寝ている時にはコップに約1杯分の汗が出ると言われているので、通気性を重視した方が良いと思います。

個人的にどれが一番良いかといわれると、ズバリ!綿の敷き布団です。固さと保湿性も充分ですし、打ち直しもできるので長く使うことができますね。

羽毛敷布団も柔らかくて寝心地はいいですが、逆に柔らかすぎて嫌だという人もいるようです。

化学繊維敷布団は100%化学繊維のタイプだと水分の吸収がすごく悪いので蒸れます。

最近人気な低反発マットレス(ウレタンタイプ)などもそうなんですが、化学繊維の敷き布団は、安価な物だと柔らかすぎて返って寝心地が悪いので注意しましょう。

 

コメント

コメントを受け付けておりません。