育毛大辞典 > 育毛剤 > 薄毛原因タイプにあった育毛剤を使おう!

薄毛原因タイプにあった育毛剤を使おう!

笑点風ネコ

「育毛剤の正しい使い方と注意点」を前回書きましたが、現在、育毛剤は山ほど種類が発売されています!(山ほどは少し言いすぎたかも知れません…丘ほど、くらいで)

 

 

 

育毛剤はどうやって選んでいますか!?
チラシ、ネットの口コミ、評判、販売会社の宣伝文句等々でしょうか。

私自身も、どの育毛剤を試して良いものかは、ひじょーに悩むところであります。

 

しかも、育毛剤の効果というものは、最低3~6ヵ月使い続けてみなければ分からないものです。

手当たり次第試していくにはちょっと時間がかかりすぎる。
もしその育毛剤の効果がなかったら、そこに期待を込めて費やした時間が本当に残念でならないです。

 

そこで!

 

ここはきちんと自身の薄毛タイプと成分から相性の良い育毛剤を導きだしてみましょう!

自身の薄毛タイプに、マッチした育毛剤を使うことで、育毛効果もより期待できます!

育毛剤のタイプ

 

男性ホルモンの分泌抑制型

 

男性ホルモンが引き起こすAGA(男性型脱毛症)タイプに有効とされるタイプです。
テストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンというホルモンに変化することで脱毛するため、5αリダクターゼの働きを抑制することで脱毛原因物質を発生させないようにする、というのがこのタイプの育毛剤です。

このタイプで代表的な育毛剤は医薬品のプロペシアです。
AGA(男性型脱毛症)の治療を行っている国内の医療機関で処方してもらうか個人輸入や個人輸入代行業者経由で購入することができます。

医薬部外品のなかでいうならば、アロエに含まれているアロインという成分には、5αリダクターゼの働きを抑制する効果があると言われています。

 

頭皮の血行促進型

 

ほぼ全ての育毛剤はこのタイプをカバーしています。
髪に必要な栄養を毛母細胞に供給するのは血液です。頭皮の毛細血管を拡張することで血流量を増やし、発毛を促進するタイプです。

このタイプの代表はミノキシジルです。こちらも医薬品です。ミノキシジルには飲むタイプと塗るタイプがあり、塗るタイプの育毛剤は日本国内でも「リアップ」という商品がでています。

他には、

塩化カルプロニウム…血管拡張作用
センブリエキス…皮膚温度上昇、皮膚毛細血管の増強作用、皮膚細胞の代謝改善、発毛促進効果
ニンジンエキス…血行促進作用や保湿作用
トウガラシエキス…血行促進・発汗作用
カプサイシン…血行促進・発汗作用
ニンニクエキス…血行促進・発汗作用、抗炎症作用

等が成分中に多く配合されている育毛剤であれば、血行促進型の育毛剤です。

 

栄養補給型

 

髪に必要な栄養を毛母細胞に直接補給させるタイプです。細胞の活性力が高まり、育毛促進効果が期待できます。

亜鉛…たんぱく質(毛髪もたんぱく質ですよ!)の合成、髪母細胞に栄養を行き渡らせる
システィン…コラーゲン生成に関わる(毛髪を太くする)
各種ビタミン類

等があります。これらは、育毛剤だけでなく、育毛シャンプー、育毛サプリメントにも多く含まれている成分です。

 

頭皮環境を整える型

 

頭皮環境を改善し髪が生えやすい頭皮環境にするための育毛剤。
頭皮が脂でベタベタだと髪の毛は成長しにくくなるし、抜け毛の原因にもなる。逆に頭皮が乾燥していても頭皮はかたく、髪は育ちにくい。だから、バランスのとれた頭皮環境にすることがを重視したタイプ。

この中では、

頭皮の炎症を抑える成分として

グリチルリチン酸ジカリウム…頭皮の炎症を防止し、フケカユミを抑える効果がある。
サリチル酸…炎症を抑える働き。角質を溶解して育毛剤の浸透を助ける働きもある。

頭皮を清潔に保つ成分として

イオウ…皮脂を取り除く効果
カシュウ…余分な皮脂を取り除く、また余分な脂を作らないように脂質の合成を抑制する働きがある。
ビタミンB6…過剰な皮脂分泌を抑える働き。
ヒノキチオール…頭皮の殺菌作用。微生物の繁殖を抑え、フケ・かゆみを防ぐ。
イソプロピルフェノール…殺菌消毒作用。

 

頭皮保湿型

 

主に女性向け育毛剤がこのタイプにあたります。男性は脂性タイプが多く、女性は乾燥など脂性以外の頭皮トラブルが脱毛の原因であることが多いためですが、頭皮が乾燥タイプの男性もこちらを使っでも問題ありません。むしろ脂性ではないのに、男性用だからと、脂性用育毛剤を使っているほうが、ミスマッチです。

以下全て、保湿効果のある成分です。

イチョウ葉エキス
オトギリソウエキス
海藻エキス
アロエエキス
プラセンタエキス
トレハロース など

 

いかがでしょうか?

 

育毛剤には単体の成分だけではなくこれらの中の成分がいくつも配合されていますが、主成分(配合成分の説明書きで最初のほうに来るもののほうが配合量が多いということです)は何なのか?そして、自分に必要な育毛法は何か?この2点さえ考えて育毛剤を選んでいただければ、それほど迷うこともないのではないでしょうか?

 

あとは…値段と財布の中身と相談ですかねえ…?

コメント

コメントを受け付けておりません。