育毛大辞典 > 脱毛症 > 円形脱毛症について

円形脱毛症について

子ネコ

前回「脱毛症の種類とは!?」で脱毛症の種類について書きましたが、その中からいくつか掘り下げて調べていきたいと思います。

今回は、みなさん一度は耳にしたことある脱毛症「円形脱毛症」についてです。

 

 

円形脱毛症の種類

円形脱毛症というといわゆる十円ハゲを想像するかもしれませんが、症状は様々です。

単発型

十円玉サイズの脱毛が見られる。円形脱毛症の中では最も一般的なタイプ。
脱毛する前兆としてかゆみや大量のフケなどが生じる場合もある。60%は自然治癒するといわれているが、症状が進行する場合もある。

多発型

円形の脱毛班が2箇所以上になる症例。単発型から症状が進んだ症例で脱毛部分同士が結合して大きな脱毛面積になる。
症状が進むと多発融合型となり、頭髪全体が薄くなる「びまん型」脱毛部位が蛇のように細長くなる「蛇行型」がある。

全頭型

多発型から症例が進んだもので、脱毛部分同士がいくつも重なり合って髪の毛が全て抜け落ちる症状。

汎発型

頭髪だけではなく、身体のあらゆる体毛が抜けおちる症状。悪性円形脱毛症や全身脱毛症(全脱)とも呼ばれる。

 

円形脱毛症の原因

本来、体の防御機能であるCD8陽性Tリンパ球が毛根部分の自己抗原にあやまって攻撃してしまういわゆる自己免疫反応によって引き起こされる自己免疫疾患である。

 

円形脱毛症はストレスが原因!?
私が昔聞いたのは精神的ストレスが原因という話でしたが、現在では精神的ストレスは誘因の1つではあっても主原因は体内のアレルギーが合併するなどによって自己免疫異常が引き起こされているのではないかと考えられるようになってきているそうです。

 

円形脱毛症の主な原因は何か!?
円形脱毛症全体の8割を占めるタイプものがアレルギー性によるものです。
円形脱毛症患者の40%以上がアトピー素因を持つと言われ、54%が本人もしくは親兄弟にアトピー素因が認められるなど、アトピー皮膚炎と円形脱毛症には密接な関係があるとされています。

 

円形脱毛症の治療法

円形脱毛症の治療は皮膚科で行います。
円形脱毛症の治療は対処療法であり、根本的な治療方法がまだ確立されていません。
一度治っても再発する可能性の高いものです。
軽度のものは患者自身が生活バターン、体調をよく見直す事で改善される場合もあります。
皮膚科では、ステロイド剤、フロジン液を用いて治療をしていきます。

 

円形脱毛症は前触れもなく突然まとまって髪が抜けるという症状で、その際に痛みやかゆみを伴うものではありません。
ストレス性の軽度のものであれば、半年程度で自然治癒する場合もあります。
しかし、やはり、人からの見た目が気になるということ。発症年齢の殆どが30歳以下であること、男性より女性に多くみられることから、患者本人の悩みは深刻であると思われます。

コメント

コメントを受け付けておりません。