育毛大辞典 > 育毛に良い栄養素 > 育毛に良い栄養素~ミレットエキス~

育毛に良い栄養素~ミレットエキス~

桃太郎といえばきびだんご

日本人は本来、薄毛の少ない人種であった!という記事を見かけました。
その記事によると、理由は、主食の米にあったそうです。
日本の土壌には元々ミネラルが少なく、また、和食にはミネラル分が少ないそうです。
しかし、日本人は育毛に必要な栄養素「亜鉛」を米から摂取していたため、亜鉛不足を補えていました。

しかし、戦後の食生活の変化により、米の消費量は年々落ちています。
特に、近年の食生活の洋食化、外食化傾向は著しいものがあります。

 
 
実際、そういえば私も1日1回も米を食べない日なんてざらにありますね;;
食生活の洋食化と共に日本人の薄毛人口も欧米並みに増えてきた、ということなのでしょう。

ですので、育毛先進諸国であるヨーロッパには古来から「育毛ハーブ」が多く存在します。

今日の育毛に良いとされる栄養素「ミレットエキス」もそのひとつです!

ミレットエキスとは

 

ミレットエキスとは、イネ科のキビの一種であるミレットの抽出成分です。

 

ヨーロッパでは中世の頃から食用や産後の脱毛予防などのためにエキスを直接頭皮に塗ったり、飲まれてしてきました。
ヨーロッパでは現在「育毛サプリメント」としてだけでなく100倍程度に濃縮したものが「飲む育毛剤」として販売されているくらいです。

天然成分(ハーブ)であるため、副作用はないと言われています。

 

ミレットエキスの特徴は、たんぱく質が豊富なことです。
すべての必須アミノ酸を含んでおり、毛髪のアミノ酸組成の主成分であるシスチン、イソロイシン、ロイシンなどを含有しています。
ビタミンB2、ビタミンB6も含まれています。

 

ミレットエキスの育毛効果

 

ミレットエキスに含まれるミネラルにひとつ「ケイ素」はコラーゲンを束ねて結合組織を強化することに必須の成分です。
髪や皮膚、爪に多く含まれており、ケイ素が欠乏すると、爪が割れ、髪が抜ける症状があらわれます。

毛髪はケラチンと呼ばれる細胞骨格を形成するタンパク質からできており、そのケラチンを生成する栄養素の1つが「シスチン」です。
つまりシスチンが不足すると、毛髪が細くなったり、弾力がなくなったり、不十分な状態で毛髪が生成されることになり、十分なシスチンを摂ることで、太く弾力のある健康的な毛髪を生成することにつながります。

ですので、ミレットエキスを摂ることで、髪の密度が高くなり、髪も硬くしっかりとしたものが増えるというわけです。

 

ミレットエキスは他にも、炎症制御や血行促進、皮膚障害を防ぐ作用があるとされる成分が含まれ、結果的に、細胞組織の代謝、再生を促進するといわれています。

 

ミレットエキスと一緒に摂ると良い栄養素

 

亜鉛…コラーゲンやたんぱく質の合成に必要なミネラル
ビール酵母…数種類のアミノ酸と亜鉛が含まれている
ビオチン…たんぱく質の生成に関与。肌を作り出す細胞を活性化させ、老廃物の排泄を促して皮膚の機能を正常に保つ
コラーゲン…コラーゲンは髪や爪の主要な構成要素。コラーゲンが不足すると白髪や抜け毛、薄毛などに繋がる

 

これらの栄養素とミレットエキスを同時に摂取すると、さらに効果があるとされています。

コメント

コメントを受け付けておりません。