育毛大辞典 > 健康 > 育毛に良い生活習慣 > 育毛に良くない食べ物!良くない食べ合わせとは!?

育毛に良くない食べ物!良くない食べ合わせとは!?

おいしそうなトンカツ
さて、これまで育毛に良い栄養、良い食べ物ばかりをご紹介してきましたが、良いものがあれば、当然悪いものもある!

 
もしくは、食べ合わせでせっかくの育毛に良い栄養素が効率良く吸収されていない、ということもあります。

 
育毛情報を調べていたときに出てきたそれらの情報を備忘録として「育毛に良くない食べ物・食べ合わせ」としてまとめました!

育毛に良くない食べ物

 

育毛に必要な3大栄養素をあえてあげるとしたら「たんぱく質・亜鉛・ビタミン」です。

 
実際はそれ以外にもバランスよく栄養を摂らねばならないのですが、特にこれらが重視されます。

と、いうとこれらが入っていないもしくは不足しがちな食生活は良くないということです。
具体的にあげると、インスタント食品、ファストフード、コンビニ弁当、スナック菓子等です。

 
これらはまあ、おいしいですからたまに食べるのは良いにせよ、日々これらばかりとなると育毛には大変良くないです。
 
なぜならまず、これらは、野菜(ビタミン)が少なく炭水化物と脂質と塩分が多いからです。
少量はいっている野菜も加工の段階で大部分のビタミンが失われています。
 
最近は健康ブームに気をつかって、1日の何分の一の野菜がとれる~や、油であげていない~というのもありますが、やはりそれでもコスト的にも家庭料理並のものを出すのは難しいのではないかと私は思います。
レストランでの外食はまだマシですが、外食も食べた瞬間の美味しさを重視するためにどうしても味付けが濃くなり相当な塩分量になっています。その点は気をつけたいです。

 

そして何よりも良くないのは「脂質」の摂りすぎです!

 
脂質の過剰摂取はダイレクトに頭皮の頭皮の油っぽさにつながりますし、血液もドロドロ血になり、育毛最大の敵である血行不良をまねきます。
 
日本人は薄毛の少ない国民であったのに、近年薄毛・ハゲが増えたのは食事の欧米化が原因だという説もあるくらいです。

 

さらにビタミンAの慢性的な過剰摂取で脱毛が起こるというデータがあります。
ビタミンAは脂溶性のビタミンですので、過剰摂取すると体外に排出されずとどまってしまいます。
 
ビタミンAを日常の食事から慢性的に過剰摂取することはあまりないとされていますが、サプリメントとの併用の場合の過剰摂取には気をつけてください。上限値は5,000IU(1,500μg)です。

 

育毛に良くない食べ合わせ

 

育毛に必要な栄養素「亜鉛」は非常に吸収されにくい栄養素です。

カルシウムや食物繊維を大量に摂取した場合、また、お茶に含まれるタンニン・カフェイン、インスタント食品の添加物として含まれるポリリン酸、穀物や豆類が原料の製品やインスタント食品に多く含まれるフィチン酸などは亜鉛の吸収を阻害してしまいます。
 
ですので、これらを亜鉛と一緒に、かつ大量に摂取するのは控えましょう!
 
決して摂るなということではありません、特にカルシウムや食物繊維は必要な栄養素ですので、亜鉛と同時に摂取しないタイミングで適量に摂取しましょう!
 
逆に亜鉛の吸収を助けてくれるのは、ビタミンCやクエン酸です。

コメント

コメントを受け付けておりません。