育毛大辞典 > 髪について > 帽子は頭皮によくないのか?

帽子は頭皮によくないのか?

おしゃれなキャップ

帽子を被るとハゲると言われたことはありませんか?本当のところはどうなんでしょうか?

 

最近、日本人プロ野球選手がアメリカのメジャーリーグに挑戦することが増えてきていますよね。

私の好きな日本人選手が所属したメジャーリーグ球団の帽子がカッコ良くて、ついつい買いました。

それまで帽子を被る機会の無かった私ですが、それで少しだけ増えました(笑)

 

その時からですかね、帽子って頭皮に良くないのか?何て気になりだしたのは。

 

これから夏に向けてどんどん日差しが強くなってくる季節ですから、帽子を被って外出する機会も多くなりますね。

そうなってくると、紫外線は肌の大敵!と女性はUVケアなど始めます。日頃から化粧やUVクリームを塗ったり、日傘・帽子を被ったりして紫外線対策をバッチリしていますよね。たかが紫外線のために“シミ”何か作りたくない!という女性の自己投資には頭が下がる思いです。

 

しかし、男性のみなさんにも紫外線対策はひとごとではないのです!

なぜなら、頭皮は皮膚の延長ですから、同じように紫外線を浴び過ぎるのはよくないんです!

 

紫外線から頭皮を守るには!?

紫外線を浴びると、顔や腕などの皮膚と同じように頭皮も日焼けします。

日焼けした頭皮は水分がなくなりパサパサになったり、毛根からの脂と汗などが化学反応を起こし頭皮が炎症してしまいます。当然、毛根はダメージを受けてしまいます。

 

紫外線を浴びすぎるとシミになる?

サーフィンや海水浴などにしょっちゅう行っている友人の背中を見たことがあるのですが、背中や肩はシミだらけ。さらに、皮膚もカサカサだったので同じぐらいの年齢とは思えなくてすごくビックリしたことがあります。

また、スキーとスノーボードによく行く友人も手入れを怠ったせいか、シミだらけの顔になっていました。

若い時は単にケアする方法を知らなかっただけでしょうが、30代になったら、ケアをめんどくさがっていると顔も体もシミだらけになって後の祭りとなってしまいますよ。

 

帽子は清潔にしよう!

長時間、帽子やヘルメットを被っていると、汗や頭脂などが化学反応を起こして地肌が蒸れ、細菌が繁殖しやすくなります。このようなことが抜け毛の原因になる事があるので注意しましょう。

私は野球帽をよく被ると書きましたが、基本的には1回被ったらすぐ洗うように徹底しています。

また、汗は大敵です!

毎回同じ帽子やヘルメットを被ると細菌・雑菌類がさらに増えてしまいますので、常に清潔にするように心がけましょう。汗をかいたなあと思ったら、清潔なタオルで拭きましょう。めんどくさいなーと思うかもしれませんが、頭皮のことをまじめに考えだしたら、むしろ、汗臭い帽子を被るほうがすごくストレスになりますよ。

 

カツラやウィッグも同様に清潔にしよう!

帽子やヘルメットと同様に頭に装着するもので“カツラ”や“ウィッグ”があります。

最近ウィッグは、若い女性がオシャレ感覚で付けていることが多くなり一般的になったのですが、帽子やヘルメットと同じことですから、清潔を保つようにしましょう。

薄毛は恥ずかしいので、どうにかして隠したいお気持ちは分かりますが、カツラやウィッグも間違った装着方法が、抜け毛・薄毛になる進行を早めてしまう可能性が大となります。

 

きつく締めつける被りものはダメ!

頭にジャストフィットする帽子などを被っていると、頭が締め付けられ血行不良を引き起こす可能性もあります。

頭皮の血行が悪くなりますと、毛細胞から髪の毛に栄養が行きとどかなくなり、その結果、弱々しい髪の毛が生えてきて抜け毛の原因となってしまいます。

 

帽子を被ったあとのケアもしっかりしよう!

装着している時のケアも大事ですが、装着後のケアも重要です。

頭皮と髪の汚れを綺麗にするには、言うまでもなくシャンプーすることが欠かせないので、汗をかいたあとは必ずしっかりシャンプーをした方がいいです。

 

しっかりと洗える正しいシャンプーの仕方については後日改めて書きますので!

コメント

コメントを受け付けておりません。