育毛大辞典 > 育毛に良い栄養素 > 育毛に必要な栄養素!ミネラルとは!?

育毛に必要な栄養素!ミネラルとは!?

ミネラルの代表はカルシウム

育毛に必要な栄養素でおなじみの「亜鉛」は、ミネラルの一種です。
 
また、「ワカメが髪に良い!」という説も、また、ワカメにはミネラルが豊富だということに起因するようです。
 
 
 
そのミネラルとはなんでしょうか!?
 
亜鉛以外にもどうやら育毛にミネラルは深く関係しているようです!
 

ミネラルとは

 

ミネラルとは、一般的な有機物に含まれる元素(炭素・水素・窒素・酸素)以外に、生体にとって欠かせない元素のことを指し、無機質ともいます。
糖質、脂質、蛋白質、ビタミンと並び五大栄養素の一つとして数えられます。

ミネラルは骨や歯になるカルシウムに代表されるように身体を構成する物質です。
対して、ビタミンはそれ自体は身体の構成成分になりません。

またミネラルのリンはエネルギーに密接に関与していますが、ビタミンはエネルギーにはなりません。

これから見ると、ミネラルが無くなると人として身体の構成に不備がでるので、そういう意味ではビタミン以上に重要な役割を担っているといえるでしょう。

また、ミネラルは体内で生成できません。ですら、食べ物で取り入れることが必要です。

 

ミネラルの種類

 

人体の約96%は炭素・窒素・水素・酸素の4元素(有機元素)から構成されています。それ以外がミネラルです。

ナトリウム、カルシウム、リン、硫黄、カリウム、塩素、マグネシウムを合わせた11種類で総構成元素の99%を占めています。
さらにこの中で金属元素は、「ナトリウム、カルシウム、カリウム、マグネシウム」の4種類。ナトリウム、カルシウム、リン、硫黄、カリウム、塩素、マグネシウムは、人間の体内存在量の多い主要なミネラルです。
残りの1%は、体内存在量の多い順に、鉄、フッ素、ケイ素、亜鉛、鉛、バナジウム、ヒ素、マンガン、ヨウ素、セレン、ニッケル、モリブデン、スズ、クロム、コバルトなどで、これらを「微量ミネラル」と呼びます。

「微量ミネラル」と言えども人体に果たす役割は大きく、ミネラルは代謝活動の中心を担う大切なものなのです。

体内のミネラル分が不足しミネラルバランスが狂うと、代謝が悪くなり、酵素や細胞の働きが悪くなり、体に不調がおきます。脱け毛もそのひとつといわれています。

以下の16種類のミネラルが人体にとっての「必須ミネラル」とされています。

ナトリウム・マグネシウム・リン・硫黄・塩素・カリウム・カルシウム・クロム・マンガン・鉄・コバルト・銅・亜鉛・セレン・モリブデン・ヨウ素

 

育毛に良いミネラル

 

亜鉛はいうまでもなく!前に書きましたのでここでは割愛させていただいて(参照→「育毛に必要な栄養素!~亜鉛~」

それ以外のミネラルで特に育毛に必要と思われるものをあげると、

ヨウ素

代謝や成長を促進する作用があり、髪のツヤと成長を促す働きがあります。
ワカメなどの海藻類に多く含まれます。他にはひじき、大豆、カツオ、マグロ等にもヨウ素は含まれています。

鉄分

鉄分が不足すると、髪が乾燥しやすくパサついた印象になったりします。
育毛というと亜鉛ばかりが取り沙汰されますが、亜鉛の過剰摂取は鉄分の吸収を阻害しますし、逆もまた然りです。
どちらも適量を心がけましょう!
鉄分を多く含む食材はレバーやほうれん草です。

銅は髪を黒くさせるメラニン色素の合成に欠かせないミネラルです。
白髪の原因はこの銅が不足することが一因であると最近では考えられています。
フサフサになるなら白髪でも構わない…!とはえ、やはり年相応の黒髪がいいですよね。
そのためにはこの銅が必要不可欠です!
銅を多く含む食材は玄米、そば、のり、大豆、納豆、枝豆などです。

 

日本人はミネラル不足

 

ミネラルウォーターは「健康に良くてオシャレ」という理由で主に海外のものが1980年代後半から流行りだしました。
今では海外品、国内品問わず珍しくないほど日本にも定着しました。

当時は、水が豊富にあり水道水が飲めるレベルという日本人には、水をわざわざ買うのか!?と軽く衝撃でした。
私の記憶にあるミネラルウォーターが流行りだした頃のイメージもやはりこんなかんじでした(笑)

ミネラルウォーターというくらいですから、海外のミネラルウォーターの山地の土壌にはミネラル分が豊富である、ということです。

それら海外の土壌にくらべ、日本の土壌は元々ミネラル分が少ないのです。
ですから、日本のミネラルウォーターやその土壌で育った野菜もミネラル分は少なめです。
さらに、科学肥料による土壌改良や農薬の影響で40年まえよりも現在の土壌のほうがミネラル分が少なくなっているとのデータもあります。

そしてさらに、インスタント食品などの加工食品の多い現代では、加工の段階で大部分のミネラルを失っています。

 

つまり、ミネラルは意識して摂取していかないといけない栄養素です!

特に育毛に気をつかいたい我々ならなおさら、ということですね。

コメント

コメントを受け付けておりません。