育毛大辞典 > 育毛に良い栄養素 > 育毛に良い栄養素~コラーゲン~

育毛に良い栄養素~コラーゲン~

イチゴゼリー

体に良い栄養素として「コラーゲン」これもよく耳にしますね。

「コエンザイムQ10」同様これも私は、女性に人気の栄養素、というだけの認識で、その実をよく分かっていませんでした。

 
「コラーゲン」は男性の育毛にも効果があるのでしょうか!?
 

コラーゲンとは

 

コラーゲンとは、真皮、靭帯、腱、骨、軟骨などを構成するたんぱく質のひとつです。
体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多いものです。
さらにそのうちの全コラーゲン量の40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在しており、その他血管や内臓など全身に広く分布しています。

 

コラーゲンの体内での役割としては、例えば、腱の主成分はコラーゲン繊維がきちんとすきまなく配列したもので、非常に強い力に耐えます。また、骨や軟骨の内部では、びっしりと詰め込まれたコラーゲン細繊維が、骨や軟骨の弾力性を増すのに役立っており、衝撃で骨折などが起こることから守っています。また、皮膚の弾力性や強度にも役立っています。

 

体内のコラーゲン含有量は20歳代までが最も多く、それ以降は減少し、40歳代ではコラーゲンの量が20歳代の半分以下、60歳代では4分の1になるといわれています。

 

身近なものとしては、ゼリーの原料等として使われる食材「ゼラチン」の材料は高温で変性させたコラーゲンです。

 

コラーゲンの育毛効果とは

 

コラーゲンは、アンチエイジング、美肌効果、関節痛に良いということは一般的にも広く知られていますが、育毛に関してはどうなんでしょうか?

 

まず、血管は主にコラーゲンでできており、血管にできた傷はコラーゲンによって修復されています。
つまり血管を強くするということです。
コラーゲンの合成があまり行われなくなると、血管が次第に硬くなり、最悪の場合は動脈硬化を引き起こします。
育毛には、血行を良くし頭皮の毛細血管まで栄養を運ぶことが重要です。
血管を強く健康に保つというのはそのためにも有効であるといえますね。

 

コラーゲンを摂取して本当に効果があるのか

 

「コラーゲン入り○○」という健康食品や化粧品が流行る一方で、コラーゲンを体外から摂取して効果があるのかどうかを疑問視する声は多々あります。

これは以前書いた「コエンザイムQ10」も同様です。

 

コラーゲンはたんぱく質のひとつです。さらにそのたんぱく質とはアミノ酸から構成されています。
ですので、コラーゲンを直接摂取しても吸収は良くなく、また、吸収されても体内で分解され、コラーゲンとしての役目を果たさない。その素となるたんぱく質、良質なアミノ酸を摂取したほうが良いのではないかということらしいです。

 

効果があるのか、ないのか、これもまだどちらも断定された情報ではなく、信じるか信じないかはあなた次第、の世界のようです。

コメント

コメントを受け付けておりません。